リニューアルされた「THE WiFi」をやさしく解説

4.0
公式サイトから転載

THE WiFiの悪い口コミを目にすることがあるかもしれません。

しかし、 気を付けましょう。なぜなら、実際に通信品質が悪い時期があり、今では改善されています。リニューアルされた今となっては、何の意味もありません。

悪かった時期を踏まえてリニューアルされ、2020年8月26日に新プランの提供が開始されました。

このページでは、リニューアルされたTHE WiFiをやさしく解説します。

リニューアルされたTHE WiFiは、利用者に向き合った誠実なサービスです。

最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク          

リニューアルで安心

リニューアルされる前は、THE WiFiの月間通信容量が無制限でした。

なぜ無制限が1日4GBになったのでしょうか?

THE WiFiを提供しているスマートモバイルコミュニケーションズ株式会社は、MVNO事業など実績が十分にあります。

実績に基づいてサービスを設計したのですが、想定外の社会状況の変化が生じ、通信速度の低下が発生しました。

その背景は、新型コロナ感染症対策による緊急事態宣言と外出自粛の影響で、通信容量が爆発的に増加したためと考えられています。

そのため、2020年5月中頃からは新規受付を停止する事態になっていました。

ITmediaの記事、テレワークで利用が増えても安定した通信環境を 「THE WiFi」の裏側を聞くが詳しいです。
 

想定外の通信容量の増大に耐えられて、すべての利用者が安定して公平にサービスを受けられるように、1日4GBの通信容量制限になっています。

つまり、通信容量が1日4GBに制限したことで、通信品質の維持が安定して行えるように改善されました。

1日4GBは、どれくらい使えるか?

1日4GBでは、どれくらい使えるものでしょうか?

その答えは、公式サイトに示されています。

公式サイトから転載
「ご利用いただくサービスや利用方法により実際の消費データ容量や利用可能時間は異なります」と注意書きがあります。

動画が関連しますので概算です。目安に過ぎません。

具体的には環境(スマホ/タブレット/PCなどのデバイス、アプリ/OSのバージョンなど)によって異なります。
 

概算ではありますが、十分な通信容量ではありませんか?

1日4GBは結構使えますよね?

1日4時間のビデオ会議に十分耐えうる通信容量として設計されています。

速度制限

1日4GBの通信容量を使い切ると、速度制限(128kbps)になります。

大切なのは、速度制限になるタイミングとリセットされるタイミングです。

THE WiFiでは、次の通りです。

  • 超過時点から最初に到来する午前9時まで

THE WiFiの速度制限は、この点が優れています。

多くの人の使い方に、フィットしますよね。

よくある悪い例は、次のようなものです。
・翌日などの別の日に速度制限
 (速度制限になるまで気付かないかも)
・終日速度制限や、混み合う夕方〜夜に速度制限
 (使いたい時に使えないかも)

朝9時にリセットされると分かって入れば、4GBを超えてしまうことも恐れずに使える場合がほとんどではないでしょうか。
 

THE WiFi

THE WiFiは、西早稲田にあるスマートモバイルコミュニケーションズ株式会社が運営する、モバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)のサービスです。

THE WiFiは、クラウドSIM技術を利用したトリプルキャリア(SoftBank, au , docomo)の回線が使えます。

海外でもそのまま利用できるWiFiルーターです。

端末はレンタルなので解約時に返却する必要があります。

費用

THE WiFiは、契約期間2年(2年しばり)のサービスです。

ただし、2年経過後はいつでも解約事務手数料なしで解約できます。

「THE WiFiライト4GB/Day」の利用料は下表のとおりです。

契約期間2年
事務手数料3,000円
月額費用4,280円

3,480円
2年総額105,720円

86,520円
赤字はキャンペーン価格です。
初月は日割り計算されます。
解約月は日割り計算されません。
 

THE WiFiには「THE WiFi 4GB/Day」というプランもあります。

契約期間2年
事務手数料3,000円
月額費用1〜3ヶ月目:4,280円
4ヶ月目〜:4,642円

1ヶ月目:4,280円
2, 3ヶ月目:3,480円
4ヶ月目〜:3,842円
2年総額113,322円

94,922円
赤字はキャンペーン価格です。
初月は日割り計算されます。
解約月は日割り計算されません。
 

「THE WiFiライト4GB/Day」との違いは、「15万ヵ所以上のWiFiスポットに対応」です。

「15万ヵ所以上のWiFiスポットに対応」は、エコネクトの月額398円のサービス相当が利用されています。

エコネクトは、THE WiFiを契約しなくても、スマホアプリで試してみることができます。

同等なサービスはアプリ内課金で月額400円かかりますが、無料プランなら無料スポット(4万アクセスポイント)を使うことができます。

エコネクト/全国のWi-Fiに自動接続

エコネクト/全国のWi-Fiに自動接続

econnect無料posted withアプリーチ

WiFiスポットの利用を特別望まないのなら、「THE WiFiライト4GB/Day」で良いと思います。

なお、「THE WiFi 4GB/Day」と「THE WiFiライト4GB/Day」の間でプラン変更できます。プラン変更には、プラン変更手数料として3,000円かかります。

解約事務手数料

しばり期間のあるサービスでは、月額料金ばかりでなく解約時に掛かる費用にも注意しなければなりません。

THE WiFiの解約事務手数料は9,800円です。少し前なら最安レベルでしたが、今となってはやや高額かもしれません。

しかし、25ヶ月目以降の解約事務手数料は0円です。つまり、24ヶ月使えば、その後はいつでも解約事務手数料なしで解約できます。

1ヵ月目~24ヵ月目9,800円
25ヶ月目以降0円

25ヶ月目以降の解約事務手数料0円は、とてもありがたいサービス仕様ですよね。

端末補償

THE WiFiの端末補償には、月額300円の「安心サポート」と月額500円の「安心サポートワイド」があります。

端末補償は、オプションサービスですので加入は任意です。

端末補償
  • 加入は、THE WiFiの契約申込み時に限る
  • THE WiFiの契約途中に解除できる
  • THE WiFiの契約途中に「安心サポートワイド」から「安心サポート」に変更できる(逆はできない)
  • 補償サービスの利用は、6ヶ月間に1度まで

THE WiFiの端末補償では、交換ではなく修理が想定されています。

月額補償対象
安心サポート300円自然故障
安心サポートワイド500円自然故障・水濡れ・破損

残念ながら盗難・紛失は対象外ですので、この端末補償オプションサービスを強くオススメすることはできません。

なお、レンタル機器損害賠償金は12,000円です。加入しなくても良いのではないでしょうか。

初期契約解除

THE WiFiには、お試し期間などはありません。

もしも、あなたの利用エリアで使い物にならないなど、契約を解消したい場合には初期契約解除制度を利用できます。

事前に理解しておくことをオススメします。

初期契約解除制度
  • 契約書面の受領日から8日以内に申告すること
  • 解約事務手数料は不要
  • 契約事務手数料(3,000円)は必要
  • 申告日までの基本料金の日割り金額、オプション月額料金、ユニバーサルサービス料金がかかる
  • 必要に応じて
    • 海外の利用料金(利用している場合)
    • レンタル機器損害賠償金(指定の期日までにレンタル機器が返却できないなど)

初期契約解除の詳細は、ルーターとは別に届く郵便に記載されています。

性能

THE WiFiが使用しているクラウドSIMの技術は、すでに十分に使われています。

クラウドSIM、クラウドWiFiのやさしい解説」をご覧になれば、THE WiFiが使用しているクラウドSIM技術が(難しいことを抜きにして)分かります。

U2s 端末

公式サイトから転載

U2sは、クラウドWiFiの端末として最もよく使われている端末です。ディスプレイの無い丈夫な端末で、悪い評判はありません。

THE WiFiでは、端末にこだわりがあります。一般的ではないチップセットの話なので省略します。

公式サイトから転載

海外利用

THE WiFiなら面倒な手続きは要りません。電源を入れるだけで利用できます。

海外渡航用のレンタルWiFiルーターと比べて、とても便利です。

  • 手続き不要
  • 受け取り不要
  • 安価
    • 最大3GBまで使えて850円/日・1GB、または、1,250円/日・1GB

1日の定義は、日本時間午前9時~翌午前8時59分です。

利用可能な国と料金は、下記を開いてご確認ください。(2020/10/22公式サイトから転載)

ご利用可能国は以下の通りです。1日1GBあたり東南アジア17ヵ国は日額850円(非課税) その他の国では日額1,250円(非課税)で最大3GBご利用いただけます。 対象国は 順次拡大を進めています。

ヨーロッパ:日額1,250円(非課税)オーランド諸島 アルバニア オーストリア ベルギー ブルガリア ボスニア・ヘルツェゴビナ クロアチア キプロス チェコ共和国  デンマーク エストニア フィンランド フランス ドイツ ガーンジー ジャージー ギリシャ ハンガリー アイスランド アイルランド イタリア ジブラルタル ラトビア リヒテンシュタイン リトアニア ルクセンブルク マルタ マン島 モンテネグロ マケドニア モナコ オランダ ノルウェー ポーランド ポルトガル ルーマニア ロシア サンマリノ セルビア スロバキア スロベニア スペイン スウェーデン スイス トルコ ウクライナ イギリス バチカン

アジア:日額1,250円(非課税)●東南アジア17ヵ国は日額850円(非課税) 色文字の国が対象 中国 台湾 韓国 香港 マカオ シンガポール インドネシア タイ フィリピン マレーシア ベトナム インド ミャンマー モンゴル ラオス カンボジア バングラデシュ
バーレーン ブルネイ クウェート イスラエル ヨルダン カザフスタン ネパール オマーン パキスタン カタール サウジアラビア スリランカ タジキスタン アラブ首長国連邦

アフリカ:日額1,250円(非課税)アルジェリア アンゴラ エジプト ガーナ ケニア モーリシャス モロッコ ナイジェリア 南アフリカ タンザニア チュニジア 西サハラ ザンビア

中央・南アメリカ:日額1,250円(非課税)アルゼンチン アンギラ アンティグア・バーブーダ アルバ ボリビア ブラジル チリ コロンビア コスタリカ ドミニカ イギリス領ケイマン諸島 エクアドル ペルー イギリス領バージン諸島 ウルグアイ ベネズエラ キュラソー島 グレナダ グアドループ ガイアナ ハイチ ジャマイカ マルティニーク サン・マルタン セントビンセント・グレナディーン島 スリナム  トリニダード・トバゴ タークス・カイコス諸島

北アメリカ:日額1,250円(非課税)カナダ エルサルバドル グアテマラ メキシコ ニカラグア パナマ プエルトリコ アメリカ(ハワイ グアム サイパン)

オセアニア:日額1,250円(非課税)オーストラリア フィジー ニュージーランド 北マリアナ諸島

海外に行っても使用しない日(電源を入れない日)は0円です。海外で利用された日のみ料金が発生します。

運営会社

THE WiFiは、スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社が運営しています。

MVNO事業など実績が十分にありますので、信用できます。

サポート

THE WiFiのサポートは、電話窓口があります。

電話:0570-783-633
受付時間 10:00〜18:00 年中無休
 

申し込み

THE WiFiの申し込みは、公式サイトから簡単に行えます。申し込みで迷うことはないでしょう。

本人確認の書類は不要です。

支払いには、AmericanExpress、Diners、JCB、VISA、Masterのクレジットカードが利用できます。口座振替はできません。

法人の場合は、口座振替のみです。

まとめ

THE WiFiについて、説明いたしました。いかがでしたでしょうか?

月間通信容量100GBのモバイルWiFiルーターは、たくさんサービスがあります。

THE WiFiは、月間に換算すると20%も多い最大124GB使えます。

私は、100GBより20%も多い124GB使えることよりも、THE WiFiの速度制限のやり方が気に入っています。

  • 超過時点から午前9時まで

速度制限になっても翌朝9時にリセットされるので安心です。

想定外に4GBを超過しても、翌日の作業に影響することはなさそうですね。

そして何より1日4GBの制限になっていることで「月末が近づくとギガが足りない!」が避けられます。

毎日のようにたくさん使う人にはありがたいルールですよね?

THE WiFiがあれば、あなたの悩みを解消してくれます。

  • ケータイのギガ不足解消!
  • インターネットの回線工事不要!
  • 外出先でインターネット回線が使える!

コメント