リニューアルされて安心できる「ギガWi-Fi」のやさしい説明

4.0
公式サイトから転載

クラウドSIM技術を利用したモバイルWiFiルーターは、これまで通信障害などの問題がありましたが、ようやく落ち着きました。

その理由は、どんなときもWiFiの通信障害により行政指導があり、ビジネスとして通信品質の改善(通信容量無制限から100GBへの制限など)がなされたことが大きいでしょう。

月額料金も解約違約金も安価に落ち着いたように見えます。

そうしたクラウドWiFiのブランドの1つが、リニューアルされた「ギガWi-Fi」です。

リニューアルにより月間通信容量に100GBの上限が設けられたことで、安心できるサービスに生まれ変わっています。

このページでは、ギガWi-Fiの詳細をやさしく説明します。

最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。

はじめに

ポケットWiFiと呼ばれることもあるモバイルWiFiルーターは、人気があります。

厳密には「Pocket WiFi」はソフトバンクの登録商標ですが、モバイルWiFiルーターを指して「ポケットWiFI」と表現されることがあります。
 

特に次のようなときに、便利な道具です。

  • ケータイのギガが足りないとき
  • インターネットの回線工事がNGな場合
  • 外出先でインターネット回線を使いたいとき

クラウドWiFiは、キャリアが限定されないため使えるエリアが広く、月額料金が安価なのに月間通信容量が大容量です。

クラウドWiFiの特徴が、人気を後押ししています。

  • 1日3GBや3日10GBなどの短期的な制限がない
  • 使えるエリアが広い
  • 海外でそのまま使える

しかし、クラウドWiFiについては、これまで「使い放題!」や「無制限」と勧誘していたのに、「150GBで速度制限された!」などの口コミを見掛けることがありました。

ギガWi-Fiはリニューアルにより、安心できるサービスに生まれ変わっています。

リニューアルで安心なサービスへ

リニューアルされる前は、月間通信容量が無制限でした。

なぜ無制限が100GBになったのでしょうか?

想像では、どんなときもWiFiで生じた通信障害が引き金でしょう。この障害で、行政指導がありました。行政指導については下記の記事が分かりやすいでしょう。

クラウドSIMの仕組みでは、利用者にSIMを割り当てるので、通信容量が余っているSIMを上手く割り当てられれば、無制限が実現できます。

しかし、どんなときもWiFiでは、SIMを上手く割り当てられませんでした。利用者の増加に応じたSIMの仕入れができなかったことが原因の1つです。

月間通信容量が無制限ではなく制限(100GB)があれば、より安全に利用者にSIMを割り当てられます。

つまり、通信容量が100GBに制限されましたが、通信品質の維持が安定して行えるように改善されました。

100GBはどれくらい使えるか?

100GBはどれくらい使えるものでしょうか? 概算すると下表のようになります。

音楽 5MB/1曲2万曲
YouTube HD画質(720p)150時間
映画 HD画質(720p)100作品
ビデオ通話 Zoom/LINE320時間
ビデオ通話 Skype50時間
概算なので目安に過ぎません。特にビデオ通話は環境(スマホ/タブレット/PCなどのデバイス、アプリ/OSのバージョンなど)によって異なります。
 

この表の意味は「これらがすべて行える」ではありません。

YouTubeだけを見たら150時間くらい使える」、「Zoomのビデオ通話だけなら320時間くらい使える」という意味です。

実際に使う時には、「YouTubeだけを見続ける」なんてありえません。いろいろなことで通信容量を使います。

100GBの上限であっても、メール送受信/インターネット検索/Webブラウジングはもちろんのこと、ノートPCでの普通の事務作業で困ることはなさそうに思いますが、いかがでしょう?

ギガWi-Fi

ギガWi-Fiは、東京池袋にある株式会社メディアサービスが運営する、モバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)のサービスです。

ギガWi-Fiは、クラウドSIM技術を利用したトリプルキャリア(SoftBank, au , docomo)の回線が使えます。

海外でもそのまま利用できるWiFiルーターです。

端末はレンタルではなく買取(24回払い)です。月々の割引きがありますので、2年使えば実質無料プレゼントです。

端末は最もよく使われているU2sと、ディスプレイ付き使いやすいG4Maxがあります。

G4Maxを取り扱っているサービスは、数少ないです。

費用

ギガWi-Fiは、契約期間2年(2年しばり)のサービスです。

U2s端末の月額3,250円は最安レベルで、ずっと定額です。3年目以降も3,250円です。

契約期間2年
事務手数料3,000円
月額費用3,250円
2年総額81,000円

人気のあるG4Max端末なら月額3,650円です。ずっと定額で、3年目以降も3,650円です。

契約期間2年
事務手数料3,000円
月額費用3,650円
2年総額90,600円

契約解除料

しばり期間のあるサービスでは、月額料金ばかりでなく契約解除料に注意しなければなりません。

クラウドWiFiの契約解除料は、これまで1〜2万円していましたが、リニューアルされたギガWi-Fiの契約解除料は、激安の4,500円です。

契約解除料も最安レベルになりましたが、実際の解約では、端末代金の残債金の支払いがあります。

端末代金は、24回払いで計算されます。
(契約中は割引がありますので、支払いはありません。0円買取です)

12ヶ月目の解約だと、12, 13, … 24ヶ月目の13回分の端末代金が必要です。
U2s端末は1,000円/月なので、残債金は13,000円になります。
G4Max端末は1,100円/月なので、残債金は14,300円になります。
 

少々分かりにくい仕組みかもしれません。

U2s端末の「ずっと月額3,250円」は正しいです。その内訳は「ずっと月額5,980円からの割引きで3,250円」となっています。

割引きにより、端末割賦代金を全額割引いてくれます。2年使えば、端末は実質無料プレゼントです。

このような仕組みなので、2年未満の解約では、端末の残債金を支払う必要があります。

割引についてよく分かるように、月額料金の内訳を明確にすると下記の通りです。

月額料金の内訳(U2s端末)
【1〜2年目】
基本料金5,980円 + 端末割賦代金1,000円(24回払い) – 割引3,730円 = 3,250円

【3年目以降】
基本料金5,980円 – 割引2,730円 = 3,250円
 

G4Max端末では「ずっと月額3,650円」です。その内訳は「ずっと月額5,980円からの割引きで3,650円」となっています。

月額料金の内訳(G4Max端末)
【1〜2年目】
基本料金5,980円 + 端末割賦代金1,100円(24回払い) – 割引3,430円 = 3,650円

【3年目以降】
基本料金5,980円 – 割引2,330円 = 3,650円
 

端末補償

ギガWi-Fiの端末補償「クラウド安心サービス」は、月額600円のオプションサービスです。

クラウド安心サービスとは故障・破損・水濡れ・全損・盗難・紛失など、万が一の時に機器の交換が受けられるモバイルルーターのサービスです。通常使用による自然故障、偶然の事故、火災、盗難、紛失、破壊、落雷、水漏れで使用不能となった場合、リファビッシュ品の端末を2,000円(税抜)で交換できます。

公式サイトから転載

補償内容は申し分がない、安心の端末補償だと思います。ただし、月額600円は少し高額でしょう。U2s端末でしたら、月額400円のサービスがあります。

G4Max端末を選ぶのであれば、ギガWi-Fiの他にないと思います。

最後に端末補償「クラウド安心サービス」の注意事項を公式サイトから転載します。

注意事項
●クラウド安心サービスにご加入いただいてない場合、機器の再購入は 30,000 円となります。
●お申し込みは、弊社キャンペーンお申し込みと同時の場合のみに限られます。
●モバイル機器交換の申請は、サービス開始日より2 年間で 2 回を限度とします。
●サービス開始は弊社キャンペーンお申し込みの翌月からとなります。
●モバイル機器交換申請・受理された場合は、モバイル機器受取の翌月1 日から新しい端末を対象とした契約として更新することができます。その場合は更新された月の1 日から 2 年間に 2 回の申請が限度となります。
●前回の交換サービス実施日の翌日から6 ヶ月経過しなければ、新しく申請ができません。
●事故状況説明書および必要添付書類が提出されない場合、または本サービス利用料金の未納がある場合は交換サービス申請には応じられません。
 

初期契約解除

あなたの利用エリアで使い物にならないなど、契約を解消したい場合には初期契約解除制度を利用できます。

初期契約解除の流れ
  1. 端末到着後【8日以内】に電話で契約の解除を申し出る
  2. 端末の電源を切り、付属品をすべてまとめて配送時の箱で返送
初期契約解除の申請は、下記事項を伝える必要があります。
●契約者氏名
●契約日
●契約場所
●契約者連絡先
●契約プラン
 

初期契約解除では、事務手数料は利用者負担です。また、返送時の送料も利用者負担になります。

違約金は不要です。

電話番号:0120-540-784
受付時間 11:00~20:00
土日祝・年末年始・弊社指定休日を除く
 
住所:〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-25-8 タカセビル3F
 

性能

ギガWi-Fiが使用しているクラウドSIMの技術は、すでに十分に使われています。

クラウドSIM、クラウドWiFiのやさしい解説」をご覧になれば、ギガWi-Fiが使用しているクラウドSIM技術が(難しいことを抜きにして)分かります。

U2s 端末

公式サイトから転載

U2sは、クラウドWiFiの端末として最もよく使われている端末です。ディスプレイの無い丈夫な端末で、悪い評判はありません。

端末製造元uCloudlink
重量149g
連続使用可能時間12時間
最大接続台数5台
最大通信速度下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
ディスプレイなし

G4Max 端末

公式サイトから転載

G4Maxはディスプレイ付きの端末です。そのため、設定が簡単という評価です。デジタル機器に慣れていれば、ディスプレイが無くても特に問題がないでしょう。

G4Maxでは、G4Max単独でアプリケーション(翻訳、Google Map, TripAdvisor)が動作します。

モバイルWiFiルーター単独で、翻訳機能や地図機能が使える便利さを求めている人には、とても人気がある端末機種です。

端末製造元uCloudlink
重量188g
連続使用可能時間12時間
最大接続台数5台
最大通信速度下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
ディスプレイあり

海外利用

ギガWi-Fiなら面倒な手続きは要りません。134カ国で電源を入れるだけで利用できます。

海外渡航用のレンタルWiFiルーターと比べて、とても便利です。

  • 手続き不要
  • 受け取り不要
  • 安価(1日1GB 1,200円/日)

海外に行っても使用しない日は0円です。海外で利用された日のみ料金が発生します。

ご注意
  • 1日の通信容量制限あり(1GB)
  • 通信容量制限を越えると、384Kbpsの速度制限

運営、サポート

ギガWi-Fiは、株式会社メディアサービスが運営しています。

株式会社メディアサービスは、2010年設立でインターネット、ネットワークサービスに関わっています。

サポートは、Webから24時間受付の問い合わせ窓口のほか、電話窓口もあります。

0120-540-784
受付時間: 11:00~20:00
土日祝・年末年始・弊社指定休日を除く
 

申し込み

ギガWi-Fiの申し込みは、公式サイトから簡単に行えます。申し込みで迷うことないでしょう。

支払いは、クレジットカードが利用できます。口座振替はできません。

まとめ

リニューアルされたギガWi-Fiについて、説明いたしました。いかがでしたでしょうか?

似ているサービスがありますので、どのサービスにすればよいか悩むかもしれません。

G4Max端末を取り扱っているのはギガWi-Fiです。オススメします。

U2s端末がよろしければ、「ポケットモバイル」の方が端末補償サービスが安価です。詳しくは、リニューアルされて安心できる「ポケットモバイル」のやさしい説明 をご覧ください。

大容量のモバイルWiFiルーターがあれば、あなたの悩みを解消してくれます。

  • ケータイのギガ不足解消!
  • インターネットの回線工事不要!
  • 外出先でインターネット回線が使える!

コメント