リニューアルされて安心できる「ポケットモバイル」のやさしい説明

クラウドSIM技術を利用したモバイルWiFiルーターは、これまで通信障害などの問題がありましたが、ようやく落ち着きました。

その理由は、どんなときもWiFiの通信障害により行政指導があり、ビジネスとして通信品質の改善(通信容量無制限から100GBへの制限など)がなされたことが大きいでしょう。

月額料金も解約違約金も安価に落ち着いたように見えます。

そうしたクラウドWiFiのブランドの1つが、リニューアルされた「ポケットモバイル」です。

リニューアルにより月間通信容量に100GBの上限が設けられたことで、安心できるサービスに生まれ変わっています。

このページでは、ポケットモバイルの詳細をやさしく説明します。

最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。

はじめに

ポケットWiFiと呼ばれることもあるモバイルWiFiルーターは、人気があります。

厳密には「Pocket WiFi」はソフトバンクの登録商標です。
 

特に次のような人には、便利な道具になるでしょう。

  • ケータイのギガが足りない人
  • インターネットの回線工事がNGな場合
  • 外出先でインターネット回線を使いたい人

クラウドWiFiは、キャリアが限定されないため使えるエリアが広く、月額料金が安価なのに月間通信容量が大容量です。

クラウドWiFiの特徴が、人気を後押ししています。

  • 1日3GBや3日10GBなどの短期的な制限がない
  • 使えるエリアが広い
  • 海外でそのまま使える

しかし、クラウドWiFiについては、これまで「使い放題!」や「無制限」と勧誘していたのに、「150GBで速度制限された!」などの口コミを見掛けることがありました。

ポケットモバイルはリニューアルにより、安心できるサービスに生まれ変わっています。

リニューアルで安心

リニューアルされる前は、月間通信容量が無制限でした。

なぜ無制限が100GBになったのでしょうか?

想像では、どんなときもWiFiで生じた通信障害が引き金でしょう。この障害で、行政指導がありました。行政指導については下記の記事をご覧ください。

クラウドSIMの仕組みでは、利用者にSIMを割り当てるので、通信容量が余っているSIMを上手く割り当てられれば、無制限が実現できます。

しかし、どんなときもWiFiでは、SIMを上手く割り当てられませんでした。利用者の増加に応じたSIMの仕入れができなかったことが1つの理由です。

月間通信容量が無制限ではなく制限(100GB)があれば、より安全に利用者にSIMを割り当てられます。

つまり、通信容量が100GBに制限されましたが、通信品質の維持が安定して行えるように改善されました。

100GBはどれくらい使えるか?

100GBはどれくらい使えるものでしょうか? 概算すると下表のようになります。

音楽 5MB/1曲2万曲
YouTube HD画質(720p)150時間
映画 HD画質(720p)100作品
ビデオ通話 Zoom/LINE320時間
ビデオ通話 Skype50時間
概算なので目安に過ぎません。特にビデオ通話は環境(スマホ/タブレット/PCなどのデバイス、アプリ/OSのバージョンなど)によって異なります。
 

この表の意味は「これらがすべて行える」ではありません。

YouTubeだけを見たら150時間くらい使える」、「Zoomのビデオ通話だけなら320時間くらい使える」という意味です。

実際に使う時には、「YouTubeだけを見続ける」なんてありえません。いろいろなことで通信容量を使います。

100GBの上限であっても、メール送受信/インターネット検索/Webブラウジングはもちろんのこと、ノートPCでの普通の事務作業で困ることはなさそうに思いますが、いかがでしょう?

ポケットモバイル

ポケットモバイルは、東京渋谷の株式会社ポケットモバイルが運営する、モバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)のサービスです。

ポケットモバイルは、クラウドSIM技術を利用したトリプルキャリア(SoftBank, au , docomo)の回線が使えます。

海外でもそのまま利用できるWiFiルーターです。

端末はレンタルではなく買取(24回払い)です。月々の割引きがありますので、2年使えば実質無料プレゼントです。

費用

ポケットモバイルは、契約期間2年(2年しばり)のサービスです。

最安レベルの月額3,250円は、ずっと定額です。3年目以降も3,250円です。

契約期間2年
事務手数料3,000円
月額費用3,250円
2年総額81,000円

契約解除料

しばり期間のあるサービスでは、月額料金ばかりでなく契約解除料に注意しなければなりません。

クラウドWiFiの契約解除料は、これまで1〜2万円していましたが、リニューアルされたポケットモバイルの契約解除料は、激安の4,500円です。

契約解除料も最安レベルになりましたが、実際の解約では、端末代金の残債金の支払いがあります。

端末代金は、1,000円の24回払いで計算されます。
(契約中は割引がありますので、支払いはありません。0円買取です)

12ヶ月目の解約だと、12, 13, … 24ヶ月目の13回分の端末代金(1,000円/月)が必要です。
 

少々分かりにくいシステムですね。

「ずっと月額3,250円」は正しいですが、その内訳は「ずっと月額5,980円からの割引きで3,250円」となっています。

割引きでは、端末代金を全額割引いてくれます。2年使えば、端末は実質無料プレゼントです。

そのため、2年未満の解約では、端末の残債金を支払う必要があります。

月額料金の内訳を公式サイトから下記に転載します。

月額料金の内訳
【1〜2年目】
基本料金5,980円 + ルーター端末代金1,000円(24回払い) – 2年割Ⅰ3,730円 = 3,250円

【3年目以降】
基本料金5,980円 – 2年割Ⅱ2,730円 = 3,250円

・契約期間が2年間となり「2年割Ⅰ」が適用されます。
契約期間終了後、3年目以降は「2年割Ⅱ」に自動移行します。(2年毎に自動更新)「2年割Ⅰ・2年割Ⅱ」は、毎月のお支払総額からの割引とします。
・別途ユニバーサルサービス料2円(2020年1月現在)がかかります。
 

なお、解約の締め切りは20日です。21日以降は翌月分の月額料金が請求されます。

端末補償

ポケットモバイルの端末補償「Wi-Fi安心サービス」は、月額400円のオプションサービスです。

「Wi-Fi安心サービス」は、とても良い補償内容です。特に、盗難・紛失も補償対象ですので安心です。

ただし、端末の交換は2年間で2回まで。端末を交換すると6ヶ月は再度の交換ができないなどの制限があります。

「Wi-Fi安心サービス」の補償内容を公式サイトから下記に転載します。

Wi-Fi安心サービス
故障・破損・水漏れ・全損・盗難・紛失など万が一のときに機器の交換が受けられるサービスです。
●充実のサービスで安心!
通常使用による自然故障、偶然の事故(火災、盗難、紛失、破壊、落雷、水漏れ)で使用不能となった場合、リファビッシュ品の端末を2,000円(税抜)で交換できます。
※但し、端末のEM chip もしくは、SIMが必要な場合(紛失や盗難・水没などで使用できない場合)は別途再発行手数料として3,000円(税抜)が必要となります。なお、Wi-Fi安心サービスにご加入いただいていない場合は、機器の購入時の価格がかかります。
●交換サービスの対応範囲 モバイル機器
【Wi-Fi安心サービスご利用のご確認事項】
・モバイル機器交換の申請は、サービス開始日より2年間で2回を限度とします。
・サービス開始は弊社から端末を発送した翌月からとなります。
・前回の交換サービス実施日の翌日から6ヶ月経過しなければ、新しく申請ができません。
・事故状況説明書および必要添付書類が提出されない場合、または本サービス利用料金の未納がある場合は交換サービス申請には応じられません。
 

初期契約解除

あなたの利用エリアで使い物にならないなど、契約を解消したい場合には初期契約解除制度を利用できます。

契約初期にしか利用できない方法ですので、事前に理解しておくことをオススメします。

初期契約解除制度の利用方法を公式サイトから下記に転載します。

初期契約解除制度
お客様がポケットモバイルの契約書面を受領した日から起算して8日を経過するまでの間、弊社カスタマーセンター(0120-749-021)までお電話いただくか、書面を送付いただくことで本契約の解除を行うことができます。
お電話にて、下記内容をお伝えください。
・契約者氏名
・契約日
・契約場所
・契約者連絡先
・契約プラン

書面の送付先住所:
株式会社ポケットモバイル 渋谷支店 業務サポート課宛
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-11-11 IVYイーストビル8F
 

性能

ポケットモバイルが使用しているクラウドSIMの技術は、すでに十分に使われています。

クラウドSIM、クラウドWiFiのやさしい解説」をご覧になれば、ポケットモバイルが使用しているクラウドSIM技術が(難しいことを抜きにして)分かります。

U2s 端末

公式サイトから転載

U2sは、クラウドWiFiの端末として最もよく使われている端末です。ディスプレイの無い丈夫な端末で、悪い評判はありません。

端末製造元uCloudlink
重量149g
連続使用可能時間12時間
最大接続台数5台
最大通信速度下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
ディスプレイなし

海外利用

ポケットモバイルなら面倒な手続きは要りません。135カ国で電源を入れるだけで利用できます。

海外渡航用のレンタルWiFiルーターと比べて、とても便利です。

  • 手続き不要
  • 受け取り不要
  • 安価な2タイプ
    • 「1日500MBタイプ 900円/日」or「1日1GBタイプ 1,200円/日」

海外に行っても使用しない日は0円です。海外で利用された日のみ料金が発生します。

ご注意
  • 1日の通信容量制限あり
    • 500MBまたは1GB
  • 通信容量制限を越えると、384Kbpsの速度制限

運営会社

ポケットモバイルは、株式会社ポケットモバイルが運営しています。

株式会社ポケットモバイルは、2009年設立でインターネットサービスに関わり、企業歴が長く信頼できる企業です。

モバイルWiFiルーターのサービスの実績が十分ありまし、固定回線の代理店も行なっています。

株式会社ポケットモバイルの支店は各地にあります。上野、立川、横浜、船橋、大宮、茨城、札幌、仙台、新潟、静岡、名古屋、大阪、京都、神戸、岡山、広島、高知、福岡、那覇

サポート

ポケットモバイルのサポートは、Webから24時間受付の問い合わせ窓口のほか、電話窓口もあります。

0120-749-021  11:00〜21:00(年中無休)
 

申し込み

ポケットモバイルの申し込みは、公式サイトから簡単に行えます。申し込みで迷うことないでしょう。

事前に本人確認の資料を用意する必要があります。

本人確認資料
・運転免許証
・国民健康保険被保険者証
・健康保険証
・住民基本台帳カード(写真付きカードのみ)
・身体障害者手帳
・精神障害者保険福祉手帳
・療育手帳
・マイナンバーカード(裏面不可)
 
・日本国パスポート + 「下記の資料」
 ・住民票(発行から3ヶ月以内のもの)
 ・公共料金領収書(発行から3ヶ月以内で現住所の記載があるもの)
  ※お引越しなどで本人確認書類と現住所が異なる場合
 

支払いには、JCB、VISA、master、AMEX、ダイナースのクレジットカードが利用できます。口座振替はできません。

まとめ

リニューアルされたポケットモバイルについて、説明いたしました。いかがでしたでしょうか?

株式会社ポケットモバイルでは、モバイルWiFiルーターの事業に実績があります。

実は「ポケットモバイル」というブランド名は、以前は普通のモバイルWiFiルーターのサービス(FS030W端末を使用した安定したサービス)で使用されていました。

クラウドWiFiで「ポケットモバイル」を再利用したのは、信頼できるサービスを意味しているように感じられます。

便利な道具「ポケットモバイル」があなたの悩みを解消してくれます。

  • ケータイのギガ不足解消!
  • インターネットの回線工事不要!
  • 外出先でインターネット回線が使える!

コメント