WiFiルーターに端末補償は必要?不要?

モバイルWiFiルーターのレンタル・サービスを契約するときに、端末補償(有料のオプションサービス)に加入しますか?

”安心するために加入する”タイプの人がいます。気持ちはとてもよく分かります。

しかし、端末補償の内容を十分に理解していますか? 補償の対象外について知ってますか?

実は各社で補償内容が少し異なるのです。

どのWiFiルーターにするか決めるときに、端末補償の内容は確認すべきです。

このページでは、人気の「通信容量無制限&速度制限無し」なWiFiルーターの端末補償を説明します。

”端末補償には入らない”という考えの人にとっても、各社の端末補償を知れば、WiFiルーターを選ぶときの参考になるでしょう。わたしは、補償内容を確認した上で端末補償には入らないです。”最悪なことが起きたとしても機器損害金の出費”と覚悟しています。

本記事を最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。

なお、本記事は2020年3月23日時点の情報です。今後、補償内容が変更される可能性があります。

各社の端末補償オプションサービス

モバイルWiFiルーターがあれば楽しみが広がるが保険が欲しい

各WiFiルーターの端末補償の名称と料金を下表にまとめました。

参考として「2年総額」を記載しています。ただし、「クラウドWiFi」には契約の縛り期間がありません。「ギガゴリWiFi」は1年縛り、その他はすべて2年縛りです。

月額費用2年総額
どんなときもWiFi
あんしん補償
400円9,600円
Mugen WiFi
MUGEN 補償オプション
500円12,000円
よくばりWiFi
端末補償
380円8,360円
めっちゃWiFi
クラウドWiFi
安心補償
400円9,600円
どこよりもWiFi
機器補償サービス
400円9,600円
hy-fi
機器補償サービス
400円9,600円
限界突破WiFi
エックスモバイル端末補償
500円12,000円
NEXTmoible
安心サポート
300円7,200円
ギガゴリWiFi
安心サポート
300円6,600円
ギガゴリWiFi
安心サポートワイド
500円11,200円

厳密には、初月は日割り計算してくれるサービスと、日割り計算しないサービスがありますが、ここでは、丸々1ヶ月で計算しています。

2年総額は、月額 x 24ヶ月です。ただし、WiFiルーターによっては値引きがあります。

  • よくばりWiFi
    • 「端末補償に加入すると、月額費用と端末補償が最大2ヶ月無料」のキャンペーン
    • 月額 x 22ヶ月
  • ギガゴリWiFi
    • 「安心サポート」では最大2ヶ月無料
      • 月額 x 22ヶ月
    • 「安心サポートワイド」では初月無料&2ヶ月目200円
      • 月額 x 22ヶ月 + 200円

「めっちゃWiFi」には、端末補償のサービスがありません。しかし、機器損害金がとても安いので問題ないと思います。詳しくは後ほど説明します。

「Mugen WiFi」は総合的にとても良いサービスだと思います。「モバイルWiFiルーターのやさしい選び方」をご覧になれば、「Mugen WiFi」の良さがよくわかるでしょう。しかし、端末補償については、今ひとつな印象です。

加入できるタイミング

すべてのWiFiルーターで端末補償の加入は、契約時のみに限られます。

途中で解約すると再加入できません。「Mugen WiFi」だけは、途中で解約できません。

2年総額加入できるタイミング
どんなときもWiFi9,600円契約時のみ
Mugen WiFi12,000円契約時のみ
よくばりWiFi8,360円契約時のみ
めっちゃWiFi
クラウドWiFi9,600円契約時のみ
どこよりもWiFi9,600円契約時のみ
hy-fi 9,600円契約時のみ
限界突破WiFi12,000円契約時のみ
NEXTmoible7,200円契約時のみ
ギガゴリWiFi6,600円
11,200円
契約時のみ
ギガゴリWiFiでは、安心サポートワイドから安心サポートへプラン変更可能だけど、安心サポートから安心サポートワイドへのプラン変更は不可。

補償対象は限られている

補償対象は、概ねメーカー保証の延長のようなものです。盗難・紛失が対象外になっているサービスが多いです。

特筆すべきは、「よくばりWiFi」の「海外での盗難・紛失は美中古品に交換」という保証内容でしょう。

また、「クラウドWiFi」には補償対象外の記載はありません。盗難・紛失でも15,000円で対応してくれるのは、(あとで述べる機器損害金に近い金額ですが)補償対象になっていることで好印象です。

対象外など
どんなときもWiFi1.お客様の改造による損害
2.盗難・紛失
3.使用による劣化や色落ち等
Mugen WiFi盗難・紛失
バッテリー交換
よくばりWiFi1.お客様の改造による損害
2.国内の盗難・紛失
3.使用による劣化や色落ち等
めっちゃWiFi
クラウドWiFi対象外の記載はなし
紛失・盗難は15,000円(税抜き)
海外利用時でも補償
どこよりもWiFi盗難、紛失は対象外
hy-fi 盗難、紛失は対象外
限界突破WiFi基盤、画面、カバー、
フロントカメラ、バックカメラ
上記以外は保障適用外
NEXTmoible1.お客様の故意による損傷、
 改造による損害、水漏れ、
 その他紛失・盗難
2.使用による劣化や色落ち等
3.保証対象は端末本体のみ
 電池パック、
 USBケーブル等は対象外
ギガゴリWiFi
安心サポート
1.お客さまの故意による故障、
 改造による損害、
 その他盗難・紛失
2.SIM、クレードル、付属品
3.外部損傷、水濡れ、全損
ギガゴリWiFi
安心サポートワイド
1.お客さまの故意による故障、
 改造による損害、
 その他盗難・紛失
2.SIM、クレードル、付属品
ギガゴリWiFiの「安心サポート」では水没(水濡れ)が対象外であるのに、「安心サポートワイド」は水没も補償対象です。
NEXTmobileとギガゴリWiFiでは、水没を補償対象外にすることで月額料金を安く設定している印象です。

交換は新品とは限らない!

交換のときに、新品に交換してくれるとは限らないのは、利用者にとって盲点だと思います。

「Mugen WiFi」、「クラウドWiFi」は新品に交換となっています。

新品 or 中古品
どんなときもWiFi水没・全損での交換:中古品Aランク
それ以外の故障:新品
Mugen WiFi新品
よくばりWiFi海外での盗難・紛失:美中古品
水没・全損での交換:中古品Aランク
それ以外の故障:新品
めっちゃWiFi
クラウドWiFi新品
どこよりもWiFi新品、または状態のよい中古品に交換
hy-fi 新品、または状態のよい中古品に交換
限界突破WiFi修理
NEXTmoible修理
ギガゴリWiFi修理

何度でも補償してくれるとは限らない!

端末”U2s”はディスプレイもありませんし、壊れにくい端末との評判です。「限界突破WiFi」と「NEXTmobile」以外のサービスで使われている端末です。

だから、何度も補償サービスを利用されては困るのでしょうか… 利用者にとっては、何度でも補償してくれれば安心できるのですが。

利用の制限
どんなときもWiFi1度補償をうけると、6か月以内は
有償(18,000円)の可能性あり
Mugen WiFi1度補償をうけると、12か月以内は
3,800円
よくばりWiFi1度補償をうけると、6か月以内は
有償(18,000円)の可能性あり
めっちゃWiFi
クラウドWiFi
どこよりもWiFi1度補償をうけると、6ヶ月以内は
サービス適用外
hy-fi 1度補償をうけると、6ヶ月以内は
サービス適用外
限界突破WiFi1年間に2回まで。
3回目以降はサービス適用外
NEXTmoible
ギガゴリWiFi1度補償をうけると、6ヶ月以内は
サービス適用外

端末補償に加入していないと…

具体的でないことを恐れても仕方ない

端末補償に入っていないと安心できない原因の一つは、万が一のときに「えっー、どうしよう?」となる不安ではないでしょうか。

つまり、「壊れちゃったー! いくらかかるのだろう?」といった具体的でない損害(出費)に怯えるのではないでしょうか。

それならば、”最悪弁償するだけ”と考えれば、損害(出費)が具体的になり、少し安心できると思います。

壊れにくい丈夫な端末ならば、端末補償に加入しない選択もアリだと思います。

2年総額機器損害金
どんなときもWiFi9,600円18,000円
Mugen WiFi12,000円18,000円
よくばりWiFi8,360円18,000円
めっちゃWiFi 12,000円
クラウドWiFi9,600円25,000円
どこよりもWiFi9,600円18,000円
hy-fi 9,600円15,000円
限界突破WiFi12,000円18,000円
NEXTmoible7,200円19,000円
ギガゴリWiFi6,600円
11,200円
10,000円

「よくばりWiFi」は端末補償に加入すると、月額費用と端末補償が最大2ヶ月無料キャンペーンがあるので、端末補償に加入すべきでしょう。

「めっちゃWiFi」の機器損害金は、同一端末を使用している他社と比較して最安値です。これならば端末補償のサービスが用意されていなくても納得です。

「クラウドWiFi」は機器損害金が高いです。「クラウドWiFi」の端末補償は、補償対象が幅広いので加入するのが賢明だと思います。

「ギガゴリWiFi」は機器損害金が、端末の市場価格(13,000円程度)より安価に設定されています。「ギガゴリWiFi」のアピールポイントが”1年縛り&月額料金が安い”なので、端末補償に加入しないのもアリでしょう。

おわりに

「通信容量無制限&速度制限無し」のWiFiルーターは実用的だ!

「通信容量無制限&速度制限無し」のWiFiルーターは、とても実用的なので人気があるのがよく分かります。多くのサービスが登場したことで、各社が工夫して差別化しています。

そんな中でも「よくばりWiFi」、「めっちゃWiFi」、「クラウドWiFi」は端末補償を差別化の道具にしている印象です。

WiFiルーターの比較・検討には、「モバイルWiFiルーターのやさしい選び方」もご覧いただけるとうれしいです。

コメント