紛らわしい用語のやさしい解説

紛らわしさは迷いを生む

わたしが紛らわしいと感じた言葉は、他のだれかも紛らわしいと感じているかもしれないです。

このページは、紛らわしい用語のやさしい解説です。

このページがあなたの役に立ちましたら幸いです。

クラウドWiFi

クラウドWiFiは、どうも二つの意味で使われているみたいです。

  • モバイルWiFiルーターのブランド「クラウドWiFi(クラウドWiFi東京)」
  • モバイルWiFiルーターの特定の端末タイプ、あるいは、その端末を使用しているモバイルWiFiルーターのブランド

クラウドWiFi(クラウドWiFi東京)

通信容量無制限&速度制限無し”のモバイルWiFiルーターは、2019年から始まり、注目されているサービスです。

2019年3月にサービス開始した「どんなときもWiFi」が、”クラウドSIM”の技術を利用していて、その後、”クラウドSIM”の技術を利用したモバイルWiFiルーターが次々と登場しました。

その中の一つに「クラウドWiFi」というブランドがあります。

「クラウドWiFi」は、”通信容量無制限&速度制限無し”であることはもちろんのこと、契約の縛り期間無し、月額料金がずっと同じで安いことが特徴です。他のWiFiルーターとの比較は「モバイルWiFiルーターのやさしい選び方」をご覧ください。

紛らわしいためか「クラウドWiFi」は「クラウドWiFi東京」と呼ばれることがあります。

クラウドSIM技術を利用しているWiFiルーター

「クラウドWiFi」が、”クラウドSIM”技術を利用しているWiFiルーターのことを指しているのを見かけます。”クラウドSIM”については「クラウドSIMのやさしい解説」をご覧ください。

”クラウドSIM”技術を利用しているWiFiルーターを意味している使い方は、増え続けている気がします。

下記の動画は、絶好調な売れ行きの「どんなときもWiFi」CMのメイキングですが、タレントが「どんなときもWiFi」のことを「クラウドWiFi」と表現する場面があります。

今田美桜、かわいすぎる博多弁で佐藤二朗をメロメロに!?アドリブに吹き出し寸前!  爆笑必至のWEB限定動画第2弾 「どんなときもWiFi」 新CM 『どんなときも捜査官24時』シリーズ

どんなときもWiFiの解説ページでは、定義していますので、気にしても仕方ないのかもしれません。もしも競合している他社のサービスを意識してのことだったらイヤなことです。

どんなときもWiFiのように、次世代通信技術「クラウドSIM」の仕組みを利用したルーターを「クラウドwifi」といいます

どんなときもWiFiの秘密 から引用

「どんなときもWiFi」と他のWiFiルーターの比較は「モバイルWiFiルーターのやさしい選び方」をご覧ください。

「どんなときもWiFi」は、契約期間の縛りが2年ですし、最安レベルではありません。しかし、先行サービスで利用者が多いので安心感があります。

ポケットWiFi

「Pocket WiFi」は、ソフトバンクの登録商標です。だけど、”モバイルWiFiルーター”の意味で使われていることが多いです。

出願しても認められない(登録できない)商標とは?|普通名称や不登録標章」を見ると、普通名称&慣用名称&ありふれた名称だから「Pocket WiFi」は登録できないように思います。でも、WiFiが一般的でない時代のことなので、今日のことを予見するのが難しかったのかもしれません。

そして、もう登録商標としての効力を失っているのかもしれません。

特定の商品やサービスの登録商標を、そのブランド価値にただ乗り(フリーライド)を狙う多くの同業者が無断で使用されながら、商標権者が十分な管理を怠り放置していたばあいなどに、起こりえるのが普通名称化です。
裁判所により普通名称化したとの判断が示されてしまえば、登録商標であっても、類似する商標の使用を排除できる独占排他権を行使できなくなってしまいます。

出願しても認められない(登録できない)商標とは?|普通名称や不登録標章」 から引用

わたしは、「ポケットWiFi」「Pocket WiFi」をなるべく使わないようにしています。

Cloud Mobile(クラウドモバイル)

クラウド、モバイルは普通に使われるカタカナ英語で、技術的な説明にもよく使われます。そんな2つの単語を繋げただけの「Cloud Mobile(クラウドモバイル)」は、WiMAX回線を使用しているモバイルWiFiルーターのブランドの一つです。

最安水準のサービスですが、解約違約金が高いので契約申し込みの前に、十分検討した方が良いでしょう。

  • 3年契約でギガ放題
  • クーリングオフ期間後、Amazonギフト券(10,000円)プレゼント
    • よくある”1年後のキャッシュバック”とは異なり、すぐに受け取れる
  • WiMAX回線だけでなく、auのLTE回線も追加料金なしで使える
    • 地下やエレベーターなどWiMAXでは電波が弱い場所でも、LTE回線を切り替えることで対応できます。
  • 24か月使えば、端末の返却義務はありません。
  • 24か月以内に解約する場合は、契約残月数×1600円の端末違約金がプラス
  • 3日で10GBを超えた場合、速度制限(約1Mbps)があります。速度制限は、翌日の18時〜26時頃までで、翌々日には解除されます。

画質”HD”と”フルHD”

画質”HD”と”フルHD”がごっちゃになっている説明や、”HD”と”フルHD”が同じものになっている説明をときどき見かけます。

画質別名ちゃんとした名前良く知られている例
SD480pStandard Definition(標準解像度)DVD
HD720pHigh Definition video(高精細度ビデオ)”地上デジタル放送”(の方が少しキレイ)
フルHD1080pFull High DefintionBlu-ray Disc(ブルーレイディスク)
4K2160p4K resolution4Kテレビ

知っていないと、思わぬ落とし穴に落ちてしまうかもしれません。”HD”と”フルHD”は、違うものですからデータ量は異なるし、動画配信サービスを利用するときの通信容量や速度に関係するかもしれません。

動画配信サービスを利用するためのやさしい解説」をご覧になれば、画質、解像度、データ量などがハッキリスッキリするでしょう。

コメント