動画配信サービスを利用するためのやさしい解説

  • 動画配信サービスのレンタルを利用するときに、”SD”か”HD”のどちらを選べば良いか悩んでいませんか?
  • WiFiルーターを契約しようとして、通信速度や容量制限があなたにとって実際どうなのか? よく分からずに困っていませんか?

この記事は、動画配信サービスを利用するためのとてもやさしい解説です。

  • 画質
  • デバイス(端末)の解像度
  • 動画のデータ量
  • 動画をダウンロードする場合のデータ量
  • 容量無制限のWiFiルーター

などについて書きました。やさしい解説ですので、細かいテクノロジーの話はありません。これ以上分かりやすい説明は無いでしょう!と自負しております。

このページで分かることは次の通りです。

  • 動画の画質、画素数、解像度が理解できます
  • 動画の画質による、データ量(GB)の違いが理解できます
    • ダウンロードした場合の大まかな容量(GB)が分かります
    • ストリーミング配信で動画を視聴するときのデータ量(GB)が分かります
  • ダウンロード機能のある、動画配信サービス
  • 容量無制限のWiFiルーター

本記事を最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク          

画質

動画配信サービスでは配信している作品について、その画質(その動画の質・・・細かさ)を”SD”, “HD”などの表記で表しています。

下表では、”SD”, “HD”などの表記について、良く知られている実例を記載しました。表の下にいくほど、”細かい画質(きれいな画質)”になります。

画質良く知られている実例
SDDVD
HD”地上デジタル放送”(の方が少しキレイ)
フルHDBlu-ray Disc(ブルーレイディスク)
4K4Kテレビ

SDやHDが何の省略であるかは、それほど大切ではありません。下表は、画質の別名を紹介するためのものです。YouTubeなどでは480p形式の表記に出会うでしょう。

画質ちゃんとした名前画質の別名
SDStandard Definition(標準解像度)480p
HDHigh Definition video(高精細度ビデオ)720p
フルHDFull High Defintion1080p
4K4K resolution2160p

480pの”p”の意味は省略します。細かいテクノロジーの話になりますので。

画素数

古いゲーム機などでは、画面上の表示を構成しているツブツブが肉眼で確認できました。現代のテレビでツブツブを確認するのは大変です。スマホではムリでしょう。

このツブツブは、解像度と呼ばれます。解像度と画素数がごっちゃにならないように気をつけましょう。解像度については、後ほど説明します。

画素数とは、配信される動画(の一瞬)におけるツブツブの数です。配信されるデータの量に影響します。画面に映し出されたツブツブの数ではありません。

画質良く知られている実例画素数
SDDVD約35万画素(720 × 480)
HD地上デジタル放送約92万画素(1280 × 720)
フルHDブルーレイ207万画素(1920 x 1080)
4K4Kテレビ800万画素(3840 × 2160)

解像度

解像度は、画面に表示されるツブツブの数です。現代の便利な画面(スマホなど)では、肉眼では確認できないほどツブツブが細かくなりました。

下表は、歴代iPhoneの解像度です。技術の進歩とともに解像度が飛躍的に大きくなっています。

iPhoneのモデル名解像度
3G / 3GS約15万(480 x 320)
4 / 4S約61万(960 x 640)
5 / 5s / 5c / SE約73万(1,136 x 640)
6 / 6s / 7 / 8約100万(1,334 x 750)
8 Plus / 7 Plus / 6s Plus / 6 Plus約207万(1,920 x 1,080)
11 Pro / XS / X約274万(2,436 x 1,125)
11 Pro Max / XS Max約334万(2,688 x 1,242)

画質と解像度

それでは、iPhoneで動画を見るとき、どのような画質を選べば良いでしょうか?

低い解像度のiPhoneで高い(高過ぎる)画質の動画を見ても、きれいに見えるものではありません。iPhoneの解像度が細かさの限界なのですから。(それなりのキレイさで見れます)

下表は、画質の表に”その画素数を表示できるであろうiPhoneのモデル”を追記しました。

画質良く知られている実例画素数対応するiPhoneのモデル
SDDVD約35万画素3G / 3GS
4 / 4S
5 / 5s /
HD地上デジタル放送約92万画素6 / 6s / 7 / 8
フルHDブルーレイ207万画素8 Plus / 7 Plus / 6s Plus / 6 Plus
11 Pro / XS / X
11 Pro Max / XS Max
4K4Kテレビ800万画素該当なし

3G/3GSでは、SD画質を表示できる解像度がありません。言い換えると、3G/3GSにとってSDは過剰なデータ量ですが、3G/3GSなりにきれいな動画が見れるでしょう。

画面の小さなデバイスにおける画質

ところで、iPhoneのように小さな画面では、多少荒い画質であってもきれいに見えます。写真を拡大したら荒さが目立つのは、だれでも経験したことがあるでしょう。小さいときれいに見えるものなのです。

iPhoneで動画を視聴する場合には”SD画質”で良いと思います。HD画質やフルHDの動画を視聴しても構わないですが、違いを感じられない場合が多いです。ほとんどの場合、SD画質で不満はないでしょう。

しかし、こだわりがあるならば、HD画質やフルHDを選んでも構わないと思います。でも”4K画質”は完全にムダです。4K画質を表示できる解像度が無いのですから。

下表では、画面の小さなデバイスが選ぶ画質の目安を表しました。

画質良く知られている実例画素数画面の小さなデバイス
(スマホなど)
SDDVD約35万画素
HD地上デジタル放送約92万画素
フルHDブルーレイ207万画素
4K4Kテレビ800万画素

画質とデバイス

高画質の動画を視聴する場合には、大きな画面でその画質を表示できる解像度を持つデバイスが必要です。

下表は、画質にふさわしいデバイスの目安を追記しました。

画質良く知られている実例画素数デバイスの目安
SDDVD約35万画素スマホ
HD地上デジタル放送約92万画素タブレット、スマホ
ノートPC、PC
フルHDブルーレイ207万画素フルHD対応テレビ
フルHD対応PCモニター
4K4Kテレビ800万画素4Kテレビ

画質とデータ量

下表は、各画質で配信されるデータ量の大まかな数字です。動画配信サービスなどで公表されているデータ量を元にしてあります。

画質良く知られている実例映画(2時間)ドラマ(1時間)
SDDVD約1.5GB約0.7GB
HD地上デジタル放送約2GB約1GB
フルHDブルーレイ約4GB約2GB
4K4Kテレビ約14GB約7GB

大まかな数字ですので、映画によってはこれよりも大きくなる場合がありますし、逆に小さくなる場合もあります。

GB(ギガバイト)の説明はしません。ギガバイトの詳細が分からなくても、データの”大きさの単位”であることが分かれば十分です。

重要なのは、高画質になれば(SDよりHD、HDよりフルHD、・・・)、データ量がものすごく増えることです。

スマホの契約

スマホの契約で多くの人が利用しているのは、月に数GB〜十数GB使用できる定額コースです。

映画だけなら、月に数本〜十数本程度見られる計算になります。

速度制限

月に使用できるデータ量よりも、実際に問題になってくるのが「3日間で3GB」などの制限で、この制限を超えると”極端に遅い受信速度”になり、動画の再生に耐えられません。

3日間にドラマを数本見たら、この速度制限に引っ掛かる可能性が出てきます。このことを「ギガが足りない!」とか「ギガ難民」などと称しています。

速度制限で困らないために(「ギガ難民」にならないために)

動画のデータ量はものすごく大きいので、見たいときにスマホのキャリア回線を使用する使い方だと簡単に速度制限に引っ掛かります。

動画配信サービスを楽しむためには、回線の容量制限を気にする必要があるでしょう。その対策は、次の2つです。

  • 事前にWiFi環境でダウンロードしておく
    • 事前に準備しなければならないので、少し面倒
    • スマホにダウンロードした動画を保存できる容量が必要
      • 数GB〜十数GB、あるいはそれ以上
  • 容量無制限のWiFiルーターを使う
    • 追加費用が必要だけど
      • 好きなときにいつでも動画を見れる
      • スマホの容量を気にする必要なし

ダウンロード機能のある動画配信サービス

多くの動画配信サービスで、ダウンロード機能が提供されるようになってきました。しかし、作品によってはダウンロードできない現実があります。多分、権利関係による制限なので完全に解決するのは、まだ時間が掛かると思います。

なお、ストリーミング配信で動画を見る場合と、ダウンロードした場合のデータ量は同じです。厳密には、「通信環境の不安定さ」などでわずかな違いが生じますが、ここで取り上げるほどの差は生じません。

動画配信サービスダウンロード機能の有無
U-NEXT
Hulu
Amazonプライム・ビデオ
TSUTAYA TV
ビデオパス
dTV
楽天TV
ビデオマーケット
Paravi
Netflix
FODプレミアム

事前にダウンロードすれば、モバイル環境での通信量(回線の容量制限)は気にする必要が無くなります。しかし、いつも事前にダウンロードすることができますか? わたしは面倒に感じます。見たいときに好きなように見たいです。

わたしのように面倒くさがりならば、次で説明するWiFiルーターの方が合っていると思います。

容量無制限のWiFiルーター

容量無制限のWiFiルーターを使えば、動画配信サービスの利用で神経質になる必要がなくなります。

回線速度は問題ない

動画のデータ量は大きいので、回線の容量制限を気にする必要があることは既に書きました。では、回線速度はどの程度気にすればよいでしょうか?

実は、回線速度は気にする必要はありません。

WiFiルーターの宣伝で、回線速度が宣伝文句に使われていますが、実は気にする必要はありません。

(そもそも宣伝では、Maxスピードが使われていますが、必要なのは「遅くとも〜」だったり、平均的なスピードです)

これまで説明してきた通り、動画をモバイルで楽しむ場合の画質は、どんなに良い端末を持っていても、”フルHD”以下の画質で十分です。その場合に必要な回線速度は3Mbpsです。この性能は、契約可能なすべてのWiFiルーターが持っていると言っても言い過ぎではないでしょう。

実際の使用環境ではどうか?

すべての容量無制限なWiFiルーターが、動画配信サービスを楽しむために使えるはずですが、実際にあなたの使用環境で使えるかどうか、気になると思います。

WiFiルーターについては、「モバイルWiFiルーターのやさしい選び方」が参考になりましたら幸いです。

おわりに

動画配信サービスが充実してきて、空き時間に名作映画や名作ドラマを楽しめる日常が現実になりました。

しかし、動画配信サービスを利用しようとしても、(分かってしまえば簡単な話なんだけど)理解しにくい宣伝に悩まされていることがあります。本記事が、そんな悩みの解決に役立てれば幸いです。

コメント

  1. cbd oil より:

    I love your blog.. very nice colors & theme.
    Did you make this website yourself or did you hire someone to do it for you?
    Plz reply as I’m looking to construct my own blog and would like to know where u got
    this from. many thanks

    • Lifetime26 より:

      I assembled this site and built this site alone.
      All the ready-made ones are free.
      Thank you for your comment.