一人暮らしのネット環境に使えそうなモバイルWiFiルーター

スマートテレビ,PC,タブレット,スマホのすべてを使うのに、モバイルWiFiルーターで足りるか?
  • 一人暮らしでインターネットを楽しむための通信回線は、モバイルWiFiルーターだけでOKか?

このページでは、「一人暮らしでインターネットを楽しむための通信回線」の条件を具体的に詳細化し、オススメのWiFiルーターを提案します。

このページを最後までご覧になり、あなたの参考になりましたら幸いです。

はじめに

一人暮らしのネット環境は、自分専用のネット環境に過ぎない

もしも、持ち歩く必要がまったく無いのなら、モバイルWiFiルーターにこだわる必要はないでしょう。

固定回線(光回線など)の方が高性能で安定しています。

ただし、固定回線は工事まで待たされることが予想されます。特に、新型コロナの影響で申し込みが増えています。
 
工事完了までの間もインターネットが使いたい場合には、最安値保証WiFi のように初期費用が安くて、縛り期間が無い(契約解除料が不要)なモバイルWiFiルーターが便利です。
 
最安値保証WiFiの詳細は、「最安値保証WiFi」をやさしく解説 をご覧ください。
 
最安値保証WiFiはモバイルWiFiルーターなので、使用場所に制限がありません。引越しを予定していても問題なく使い続けられます。
 

それでは本題に入りましょう。

問題

一人暮らしでインターネットを楽しむための通信回線は、モバイルWiFiルーターだけでOKか?

この質問をもう少し細かく考えてみます。

一人暮らし

「一人暮らし」の意味するところは、「インターネットを日常的に使用する人がただ一人」だと思います。つまり、ご家族などの同居人がいても、インターネットを使うのはあなただけという状況です。

そして、一人暮らしだと何かとお金が掛かるでしょう。なので、「通信回線の費用はなるべく安く抑えたい」とします。

4Kテレビは除外

一人暮らしであってもお金に困ってなくて、4Kテレビが置いてあるような状況は除外します。

4Kテレビでは、とても大量のデータを速く伝送する必要があります。4Kテレビで楽しむなら光回線を利用するのが良いでしょう。

熱心なゲーマーは除外

ゲームでリアルタイム性を限界まで追い求めるなら、お金の節約は諦めた方が良いです。

動画配信

普通の動画配信サービス、YouTube, Netflix, U-NEXTなどを楽しみましょう。

スマホ、タブレット、PCなどを使って動画配信サービスを利用することを想定しています。

通信回線の性能が、動画配信サービスを利用できれば、(次に説明する)PCで行う普通の作業は問題なくこなせます。

モバイルWiFiルーターで、動画配信サービスを楽しめます。

仕事、レポート作成

インターネット検索を利用した調査や、グラフの作成、ドキュメントの作成などは想定します。

急に発生した仕事や、締め切りが迫ったレポート作成を想定して、通信速度の制限が無いサービスが必要です。

多くのWiFIルーターのレンタルサービスでは、短期間の通信容量(3日で10GBなど)を越えると、低速モードになり作業に支障があります。

映画が見れないなどでしたら、我慢すれば良いのかもしれませんが、仕事やレポート作成などに影響しては大きなストレスです。

低速モードにならないためには「通信容量無制限(あるいは大容量)&速度制限無し」をオススメします。

モバイルWiFiルーター

モバイルWiFiルーターの性能,費用は?

モバイルWiFiルーターについて説明します。性能、費用などが明確に分かります。

なぜモバイルWiFiルーターがオススメか?

自宅でインターネットを利用するなら、光回線などの固定回線が通信速度が速くて安定しているでしょう。

でも、モバイルWiFiルーターなら十分に使えるネット環境をいつでもどこでも使えます。

外出先で十分に使えるWiFiルーターが手頃な価格になりました。自宅でもモバイルWiFiルーターで大丈夫です。

通信容量無制限&速度制限無し

「動画は見ない!」という人がいるかもしれません。でも節約のためにガマンするのなら、ストレスだからガマンしないほうが良いと思います。

インターネットを使うのに、いちいちデータ量を気にするような使い方は、とても面倒です。

それに、短期間の通信容量(3日で10GBなど)で低速モードになっては、仕事やレポート作成、どうしても見たい映画で困るかもしれません。

このページでは、原則「通信容量無制限(あるいは大容量)&速度制限無し」なモバイルWiFiルーターをオススメします。

「通信容量無制限(あるいは大容量)&速度制限無し」なWiFiルーターが手頃な価格で使える時代になりました。

通信容量無制限速度制限無し
どこよりもWiFi
クラウドWiFi東京◯(300GB?)
ギガWi-Fi100GB
それがだいじWiFi100GB
ポケットモバイル
Cloud
ギガゴリWiFi
ワールドプラン
ZEUS WiFi
Mugen WiFi
限界突破WiFi
めっちゃWiFi
ご注意

表中、リンクになっていないブランドは、新規受付を中止しています。

通信容量20GBはどれぐらい使えるか?

少しでも安くするために”大容量の通信容量を断念する”選択もあります。

どこよりもWiFiには、20GBのプランがあります。短期間の速度制限(3日で10GBを超えたなどの速度制限)はありません。

契約期間 初期費用月額料金
しばりありプラン
(20GB)
2年間3,000円2,480円
しばりなしプラン
(20GB)
なし0円2,980円

ところで、通信容量20GBは、具体的にどれくらいのことができるのでしょうか? 大まかな目安を下表に記載します。

プランビデオ通話
Zoom/LINE
YouTube
HD画質(720p)
音楽
5MB/1曲
映画
HD画質(720p)
20GB67時間30時間4,000曲10作品

この表の意味は「これらがすべて行える」ではありません。「YouTubeだけを見たら30時間くらい使える」という意味です。

実際は「YouTubeだけを見続ける」なんてありえません。いろいろなことで通信容量を使います。

いかがでしょうか? もしも20GBで足りるのでしたら、検討の価値があります。

公式サイト:https://next-mobile.jp/

契約期間、利用料

契約期間(しばり期間)があるWiFiルーターがほとんどです。

契約期間 初期費用月額料金2年総額実質月額
どこよりもWiFi2年間3,000円3,380円84,120円3,505円
クラウドWiFi東京なし3,980円3,380円85,100円3,546円
ギガWi-Fi
(U2s端末)
2年間3,000円3.250円81,000円3,375円
それがだいじWiFi2年間3,000円3.250円81,000円3,375円

解約、解約違約金

しばり期間に解約すると解約違約金が掛かりますので、気ままに解約することはやめましょう。

生活環境が変わると解約したくなるかもしれません。あるいは、もっと性能が良いサービスやお得な料金のサービスが登場して、乗り換えたくなるかもしれません。

それでは、解約するときに必要な費用(解約違約金)はどれくれいでしょうか。下表にまとめました。

契約期間には更新月があり、更新月の解約では解約違約金が不要(0円)です。

契約期間解約違約金
1〜12ヶ月
解約違約金
13〜24ヶ月
解約違約金
25ヶ月目〜
更新月
どこよりもWiFi2年間9,500円9,500円9,500円25ヶ月目
クラウドWiFi東京なし0円0円0円いつでも
ギガWi-Fi2年間4,500円4,500円4,500円25ヶ月目
それがだいじWiFi2年間4,500円4,500円4,500円25ヶ月目
※ 「クラウドWiFi」は、契約期間の縛りがありませんので、いつでも解約違約金が不要で解約できます。
 

ところで、2年間の契約期間は長すぎるでしょうか? 上記のWiFiルーターが、遅れた古い技術となり不満が生じるでしょうか?

そんなことにはならないと思います。

5Gが実用化されていますが、ほとんどの人の生活圏はサービスエリア外でしょう。2年間の間に5Gが実用的になる人は、とても少ないと思います。

古い技術で使い物にならなくなる心配はいらないと思います。

支払い方法

下表のすべてのサービスで、クレジットカードが使えます。

契約期間支払い方法
どこよりもWiFi2年間クレジットカード
クラウドWiFi東京なしクレジットカード
ギガWi-Fi2年間クレジットカード
それがだいじWiFi2年間クレジットカード

端末補償と機器損害金

下表には、端末補償の月額と機器損害金を追記しました。

端末補償の内容は、サービスによって多少異なります。

契約期間端末補償月額機器損害金
どこよりもWiFi2年間400円18,000円
クラウドWiFi東京なし400円25,000円
ギガWi-Fi2年間600円24,000円
それがだいじWiFi2年間400円24,000円
WiFiルーターに端末補償は必要?不要?」に各サービスの端末補償の内容を詳細に書きました。
 

エリア、海外利用

下表で海外利用が”○”になっているWiFiルーターなら、そのまま海外で利用できます。

海外での利用は、別に料金が掛かりますがとても安価です。

回線海外利用
どこよりもWiFiSoftBank, au, docomo
クラウドWiFi東京SoftBank, au, docomo
ギガWi-FiSoftBank, au, docomo
それがだいじWiFiSoftBank, au, docomo
クラウドSIM、クラウドWiFiのやさしい解説」をご覧になれば、どうして「クラウドSIM」技術が海外利用で便利なのかがハッキリと分かります。
 

接続台数、連続使用時間

一人暮らしなら同時接続台数は、5台あれば十分です。連続通信時間は長いほど安心ですが、日々充電することを考えれば10時間もあれば十分でしょう。

端末同時接続台数連続通信時間
どこよりもWiFi
(U2s端末)
U2s5台12時間
どこよりもWiFi
(U3端末)
U310台12時間
クラウドWiFi東京U2s5台12時間
ギガWi-Fi
(U2s端末)
U2s5台12時間
ギガWi-Fi
(G4Max端末)
U35台12時間
それがだいじWiFiU2s5台12時間

どの端末もスマホ程度の大きさがあります。

おわりに

自宅以外でも存分に使えるネット環境

一人暮らしのネット環境に使えそうなモバイルWiFiルーターについて説明いたしました。いかがでしたでしょうか?

モバイルWiFiルーターは、持ち歩けるのでとても便利です。スマホの「ギガが足りない!」問題で困ることも減るでしょう。

(万能ではありませんが)モバイルWiFiルーター1台で自宅のネット環境にもなりますから、とても便利な道具です。

もしも、あなたのネット環境がモバイルWiFiルーターで足りそうならば、とても便利な道具になるでしょう。

コメント